WRO Japan 2015

9/20(日)東京スポーツ文化館で行われた「WRO Japan決勝大会」で浜松チームは、下記の見事な成績を収めました。

レギュラーカテゴリー
エキスパート競技 小学生部門

優勝:チームWhite

  • 鈴木 悠矢(6年生)
  • 田部 慈人(6年生)
  • 宇藤 大未(6年生)

レギュラーカテゴリー
ベーシック競技 小学生部門

2位:ウルトラS

  • 佐治 由洋(4年生)
  • 佐治 愛美(2年生)
  •  

レギュラーカテゴリー
ベーシック競技 中学生部門

優勝:遠州魂

  • 黒柳 直希(中3年生)
  • 内山 虎太郎(中2年生)
  • 野口 文睦(中1年生)

小学生レギュラーカテゴリー
エキスパート競技 プレゼン部門

チームWhite

優秀プレゼン賞(プレゼン準優勝)

第2回目となった今年のWRO浜松予選会は、昨年に比べて大会規模が 2倍になり、出場選手や観客数も倍以上になりました。
また、昨年に比べて選手の皆さんの技術レベルも格段に向上し、熱い戦いが繰り広げられました。

レギュラーカテゴリー
エキスパート競技小学生部門

1位:チームWhite

  • 鈴木 悠矢(6年生)
  • 田部 慈人(6年生)
  • 宇藤 大未(6年生)

2位:チーム信号

  • 古橋 厚人(6年生)
  • 山田 慎之介(6年生)
  • 小澤 龍之介(6年生)
※3位の同点チームが多かったため、2位まで。

レギュラーカテゴリー
ベーシック競技小学生部門

1位:ウルトラS

  • 佐治 由洋(4年生)
  • 佐治 愛美(2年生)

2位:チーム78

  • 鈴木 颯(5年生)
  • 髙木 春希(5年生)

3位:チームギャラクシー

  • 矢島 良乙(5年生)
  • 野崎 燕仁(5年生)

レギュラーカテゴリー
ベーシック競技中学生部門

1位:遠州魂

  • 黒柳 直希(中3年生)
  • 内山 虎太郎(中2年生)
  • 野口 文睦(中1年生)

2位:TAKESHIN

  • 前島 岳史(中1年生)
  • 中畑 心(中1年生)

大会概要

競技部門 ・レギュラーカテゴリー ベーシック競技小学生部門 20組
・レギュラーカテゴリー エキスパート競技小学生部門 10組
・レギュラーカテゴリー ベーシック競技中学生部門 5組 (応募者が少ない場合は中止の可能性あり)
※各チームは選手2~3名、成人コーチ1名で構成されます。
※各クラスの優勝チームは全国大会(東京)出場が必須です。(費用は自費)
※エキスパート競技での日本大会1~2位は世界大会(ドーハ)出場が必須です。(費用は自費)
開催日時 8月8日(土)試走会 9:00 ~ 15:00
8月9日(日)浜松予選会 8:30 ~ 16:30

集合時間(PDF)

タイムテーブル(PDF)
開催場所 〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3丁目5−1
静岡大学 浜松キャンパス S-Port

交通アクセス
参加費用 選手1名 1,000円
必須持参機材 ・教育用レゴマインドストーム(EV3かNXT)を1チームに2台まで
・プログラミング用のノートPC2台まで
競技参加お申込締めきり 7月23日(木)
観戦お申込締めきり 7月31日(金)
主催 WRO Japan 浜松地域実行委員会
共催 浜松ITキッズプロジェクト推進会議、パワー浜松ロータリークラブ
後援 浜松市、静岡大学、NPO法人浜松ソフト産業協会、NPO法人浜松ものづくり工房
実行委員長 晝馬 日出男
お問合せ 電話:053-413-2100 / E-mail:info-wroj-h@itrobot.jp
担当:福地、渡辺、松坂

WRO(World Robot Olympiad)

自律型ロボットによる国際的なロボットコンテストです。
世界中の子どもたちが各々ロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、市販ロボットキットを利用することで、参加しやすく、科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われます。

WRO開催の目的

  • 創造性と問題解決力を養おう
  • チームワークでコミュニケーション能力向上
  • 先端科学技術を体験する

この3つのスローガンの元に開催されています。詳しい内容は下記リンクをご覧ください。